温泉徒然

ホーム >  温泉徒然  >  温泉の泉質いろいろ
温泉の泉質いろいろ

温泉とは、昭和23年に制定された「温泉法」により、地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、下表の温度または規定物質を有するものとされています。

1. 温度(温泉源から採取されるときの温度) 25℃以上
2. 物質(以下に掲げるもののうち、いずれか一つ)
物質名 含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000mg以上
遊離炭酸(CO2)(遊離二酸化炭素) 250mg以上
リチウムイオン(Li) 1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr2+) 10mg以上
バリウムイオン(Ba2+) 5mg以上
フェロ又はフェリイオン(Fe2+,Fe3+)(総鉄イオン) 10mg以上
第一マンガンイオン(Mn2+)(マンガン(Ⅱ)イオン) 10mg以上
水素イオン(H) 1mg以上
臭素イオン(Br)(臭化物イオン) 5mg以上
沃素イオン(I)(ヨウ化物イオン) 1mg以上
ふっ素イオン(F)(フッ化物イオン) 2mg以上
ヒドロひ酸イオン(HASO42-)(ヒ酸水素イオン) 1.3mg以上
メタ亜ひ酸(HASO2) 1mg以上
総硫黄(S) [HS+S2O32-+H2Sに対応するもの] 1mg以上
メタほう酸(HBO2) 5mg以上
メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上
重炭酸ソーダ(NaHCO3)(炭酸水素ナトリウム) 340mg以上
ラドン(Rn) 20(百億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上

温泉の特性を万人に分かるような用語で表現できれば、温泉を利用する上で大変便利です。代表的な特性は、温泉法第2条に出てくる、温度(泉温)と物質含有量(溶存物質量・溶存成分量)で、両者とも科学的に測定・分析されます。得られる結果は、温度や溶存物質量などの数値ですが、それらを、泉温なら「高温泉とか低温泉」、物質なら「単純泉とか塩化物泉」のように、概念的用語で表現したものが「泉質」です。

温泉の泉質いろいろ

温泉の泉質は、温泉水に含まれている成分と含有量などによって、幾つかのグループに分けられています。
 一般的に使われている「掲示用新泉質名」で、温泉の泉質は、単純温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、含アルミニウム泉、含銅鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉に大別されています。

溶存物
規制
泉質名(旧泉質名) 愛称 効能(禁忌症)
溶存物質総量1000
mg/kg
以上
塩化物泉 ナトリウム-塩化物泉(食塩泉) 熱の湯・胃腸の湯 保温効果が高く、湯ざめがしにくい。神経痛、リウマチ、婦人病、冷え症、打ち身によく、飲用で胃腸病、肝臓病、便秘に効果
高血圧、心臓病、腎臓病、体にむくみがある時などの場合は飲泉は控えること
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
炭酸水素塩泉 ナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉) 清涼の湯・美肌の湯 浴後清涼感
皮膚病、やけど、切り傷にもよく、飲用では胃腸病関係、便秘に効果
高血圧症、腎臓病の場合は飲泉は控えること
カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉(重炭酸土類泉) 清涼の湯 アレルギー性疾患、リウマチ性疾患、慢性皮膚病、蕁麻疹などによく、飲用で糖尿病、通風、慢性胃腸病などに効果
硫酸塩泉 ナトリウム-硫酸塩泉(芒硝泉) 傷の湯・中風の湯 飲用すると動脈硬化症、高血圧症、肝臓病、便秘などに効果
高血圧、心臓病、腎臓病、体にむくみがある時、下痢の時は飲泉は控えること
カルシウム-硫酸塩泉(石膏泉) 鎮静・収れん作用が高いので切り傷、リウマチ、高血圧症、打ち身、ねんざ、やけど、痔、皮膚病によく、飲用で便秘、胃腸病などに効果。肥満によい。
マグネシウム-硫酸塩泉(正苦味泉) 脳卒中の湯 動脈硬化の予防によく、飲用で便秘、胆のう病に効果
遊離炭酸(CO2)250mg以上 単純二酸化炭素泉(炭酸泉) 心臓の湯・泡の湯 血液の循環をよくするので高血圧症によく、飲用では胃腸病や痛風に効果
下痢のときの飲泉は控えること
総鉄イオン(鉄Ⅱまたは鉄Ⅲ)20㎎
以上
鉄泉 鉄(II)-炭酸水素塩泉(炭酸鉄泉) 婦人の湯 鉄を含み貧血症に効果があるとされ、リウマチ性疾患、子宮発育不全、更年期障害、慢性湿疹などに効果
鉄(II)-硫酸塩泉(緑礬泉)
銅イオン(Cu2+)1mg
以上
含銅-鉄泉 殺菌の湯 銅及び鉄を含む温泉。含鉄泉同様、炭酸水素塩系のものと硫酸塩系のものがある。
血症、高血圧症などに効く
アルミニウムイオン
(Al3+)
100mg
以上
アルミニウム-硫酸塩泉(明礬泉) 目の湯 結膜炎に効果大、皮膚や粘膜を引き締める作用があるため痔疾、火傷、切り傷、水虫や蕁麻疹などの皮膚病に効果
総硫黄2㎎
以上
硫黄泉 痰の湯・生活習慣病の湯 よく温まり、末梢血管を拡張させる作用。動脈硬化、高血圧、糖尿病によく、また、皮膚を柔らかくするので慢性湿疹や皮膚角化症などに効果。
刺激性が強いので、湯あたりや皮膚の炎症を起こしやすい。
皮膚、粘膜の敏感な人は避けること。下痢のときの飲泉は控えること。
水素イオン(H+)1mg
以上
酸性泉 皮膚病の湯 殺菌力が強い。水虫や湿疹、疥癬、などに効果。仕上げの湯。
「湯ただれ」に要注意。
皮膚、粘膜の敏感な人は避けること。下痢のときの飲泉は控えること。
ラドン30×
10-10キュリー
以上
放射能泉 痛風の湯
万能の湯
浴用よりも吸入する方が効果が大きい温泉で、神経痛や自律神経失調症などに効果。「湯あたり」に要注意。
溶存物質総量1000
mg
/kg
未満
単純温泉 単純泉 家族の湯 刺激が少なく安全で名湯といわれる温泉が多い。神経痛、リウマチ、腰痛、高血圧、動脈硬化症、病後の回復、脳卒中の回復期の保養によいとされている
弱アルカリ性単純泉 美肌の湯 通常の単純泉より刺激が少ない温泉
アルカリ性単純泉
モール泉 植物起源の有機質を含んだ温泉のこと。モール温泉ともいう。モールとは、ドイツ語で湿原(Moor)のこと。
温泉法に基づく療養泉の分類についての泉質とは全く別の概念である。温泉の分類上では単純温泉や塩化物泉などであり、効能などはそれぞれに準じる。

 

泉温による泉質

25℃は温泉法の限界温度、34℃は皮膚温度で誰でもが温かいと感じる限界温度、42℃は熱すぎて入浴には適しない限界温度です。

  • 冷鉱泉 < 25℃
  • 25℃ ≦ 低温泉 < 34℃
  • 34℃ ≦ 温泉 < 42℃
  • 42℃ ≦ 高温泉
液性による泉質

温泉水の触感と関係があるようです。酸性系の温泉にはピリピリするような刺激感がありますし、アルカリ性系の温泉にはツルツルするような柔らかさがあります。

  • 強酸性泉 < pH2
  • pH2 ≦ 酸性泉 < pH3
  • pH3 ≦ 弱酸性泉 < pH6
  • pH6 ≦ 中性泉 < pH7.5
  • pH7.5 ≦ 弱アルカリ性泉 < pH8.5
  • pH8.5 ≦ アルカリ性泉 < pH10
  • pH10 ≦ 強アルカリ性泉
浸透圧による泉質

溶存物質総量(g/kg)で区分します。等張性泉は、溶存物質総量が人間の体液の物質濃度に近く、溶液としての浸透圧が体液のそれとほぼ等しいものです。人体の組織と生理的になじみやすいと言えるでしょう。医療用の生理的食塩水の濃度は0.9%(9g/kg)です。多くの温泉は、低張性泉です。

  • 低張性泉 < 8g/kg
  • 8g/kg ≦ 等張性泉 < 10g/kg
  • 10g/kg ≦ 高張性泉
溶存物質量によるもの

療養泉の定義による泉質です。

  • 単純温泉
    溶存物質総量(ガス性のものを除く)が1g/kg未満で、泉温が25℃以上のもの。
  • 塩類泉:
    溶存物質総量(ガス性のものを除く)が1g/kg以上のものの総称で、基本的には、主要な陰イオンをベースとし、主要な陽イオンと組み合わせて命名されます。

一般的に主要な陰イオンと陽イオンは、次のように、それぞれ3種あります。

  • 陰イオン
    塩化物イオン(Cl)、炭酸水素イオン(HCO3)、硫酸イオン(SO42-)
  • 陽イオン
    ナトリウムイオン(Na)、マグネシウムイオン(Mg2+)、カルシウムイオン(Ca2+)

カリウムイオン(K)も比較的多量な物質ですが、泉質名に書かれるほどの量ではありません。

療養泉とは

温泉の中でも、療養泉と表記されているものもあります。温泉(水蒸気その他のガスを除く)のうち、25℃以上の温度または下表の規定物質を有するものとされています。

1. 温度(温泉源から採取されるときの温度) 25℃以上
2. 物質(以下に掲げるもののうち、いずれか一つ)
物質名 含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000mg以上
遊離炭酸(CO2)(遊離二酸化炭素) 1,000mg以上
フェロ又はフェリイオン(Fe2+,Fe3+)(総鉄イオン) 20mg以上
水素イオン(H) 1mg以上
沃素イオン(I)(ヨウ化物イオン) 10mg以上
総硫黄(S) [HS+S2O32-+H2Sに対応するもの] 2mg以上
ラドン(Rn) 30(百億分の1キュリー単位)以上

 

pHと湧出量・件数・湯温

分布の山は中性(pH7)よりも大きくアルカリ(塩基)性の側によっていて、現時点では中性~弱アルカリ性のものが圧倒的に多いことがわかります。それらは。平均温度をみると、40℃を割っています。かたや、酸性領域のほうの方は、件数・湧出量ともに少ないですが、平均温度はたいへん高いのが一目瞭然です。
 ここから、熱源近くの火山性の温泉が酸性領域に寄っていて平均温度を押し上げ、熱源から離れた所に多いのが、アルカリ領域であるとなります。ここには人工的な掘削泉が大きな影響があると考えられます。
 さらに感覚的には、「温泉 = にごり湯」と言うイメージも結構あるのに、泉色が透明なケースが多いアルカリ泉がこんなに多いのも不思議です。掘削泉がアルカリ領域のものが多く、近代に増えていると解釈すれば、すんなりと理解できます。

pH4~5のあたり件数・湧出量の分布に谷間があり、酸性泉と中性~弱アルカリ性泉とは、別の成因で出来ていることがうかがえます。

プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP
次
本当の温泉県って